ニュース&トピックス

過去の一覧

2016.9.10

【送料】

送料無料
※沖縄・離島は別途見積

【主な特長】

業務用だからこそ実現した、高い信頼性とコストパフォーマンス。

エバーピュアの業務用軟水器が大手のホテルやレストラン、
ファーストフードショップに採用されている理由
── それは、業務用にこそ求められる高い信頼性とコストパフォーマンスを両立させているからです。
マイクロピュアとマイクロフィルターという2つのろ材による高い浄水性能は、
プロのシェフにもお客さまにもご満足いただけるおいしさを実現。
カートリッジまでを含めた競争力のあるコストもまた、高い評価を得ています。


QL3ヘッドとカートリッジ4Cのセットです。
飲料用蛇口及びコールドドリンク等の機器に適しています。
粉末活性炭により塩素や臭気による問題を減少させます。
マイクロピュア(粉末活性炭)プリコート濾過方式により0.5μの精度で濁物質を取り除きます。

最先端の浄水技術

ひとことで“ろ過”といってもその方法はさまざま。
エバーピュアが独自に開発し製品に採用している「マイクロピュアプリコートろ過方式」は、
ろ過に理想的とされるすべての条件を兼ね備え、そのすぐれた性能は他の追随を許しません。


マイクロピュアプリコートろ過方式とは

エバーピュアの「マイクロピュアプリコートろ過方式」では、まず水は導入管を通ってカートリッジの中に入り、
マイクロピュア(粉末活性炭)と混合しながら、不快な臭気や味が吸着されていきます。
さらに、フィルター・エレメントの折りたたまれたヒダの中に流れ込み、この時点で鉄分・マンガンなどの
不純物が除去され、完全にろ過された良質の水となって出口に達します。
※一部の機種につきましては、マイクロピュアプリコートろ過方式とは異なります。




エバーピュア独自のろ過技術

水のろ過は化学的作用と物理的作用によって行われますが、
エバーピュアには他では使われていないユニークな二つのろ材が用いられています。

化学的作用:マイクロピュア
マイクロピュアは、エバーピュアが開発した画期的なろ材です。
粉末状の活性炭で、従来の粒状のものと較べると、同じ一粒の量でも何十倍もの表面積を持っています。
そのためマイクロピュアの全表面積は驚異的な広さとなり、塩素など有機物の吸着性も比例して増大します。
そのすばらしい吸着効果はこれまでの常識を破りました。
物理的作用:マイクロフィルター
極小の気孔。
0.5~2ミクロン(0.0005~0.002mm)より大きい不純物をすべて除去します。
各気孔を通る流水速度はゆっくりコントロールされますので良質の水が得られ、完璧なろ過効果を発揮します。
広い表面積に多孔。
他のろ過器に用いられているベッド・タイプのフィルター表面積の約40倍、スプール・タイプの約10倍で、一定不変の良質な水が充分に採取できます。

ろ材の効果を充分に引き出すろ過方法

エバーピュアは、優れた効果を持つ2つのろ材をダイナミックテンション方式によって製品に組み込んでいます。
化学的作用:マイクロピュア
水圧の変化などによって、カートリッジ内部にたまった不純物や汚れを放出することがあると、ろ過前の水よりもっと汚れた水が供給されてしまいます。
エバーピュアは、ダイナミックテンション方式で水圧のバランスを一定にし、不純物を絶対に放出しませんから、どんな場合にも水質は変わらず安心です。
さらに、マイクロピュアがフィルター面に集まって平均化された層を作り、化学的作用と同時に物理的作用も発揮します。

複数の飲料機器に浄水を供給するハイフローシステム

エバーピュア独自のメカニズムで浄水を集中管理
ウォータークーラー、アイスメーカー、エスプレッソマシン、スープディスペンサー ── 店舗内にあるこうした複数の飲料機器に「ひとつのシステム」で浄水を供給する、それが、業界でエバーピュアだけが提供しているハイフローシステム(給水集中管理システム)です。
浄水としての信頼性の高さはもちろんのこと、集中管理のためカートリッジ交換やメンテナンスが簡単なことも、このシステムの特長です。

【主な仕様】

交換用カートリッジ4C
主要ろ材粉末活性炭
ろ過流量(0.1Mpa時)3.6L/分
残留塩素ろ過能力 6,000L
濁度ろ過能力 2度 27,000L
使用可能圧力 0.07~0.85Mpa
使用可能温度 2~38℃
外形寸法
(カートリッジに
ヘッドを装着した状態)
幅95mm×高さ430mm




[Tag]
everpure エバーピュア QL3-4C QL34C 業務用浄水器 蛇口 コールドドリンク シンク


151222-17 130328-17 0851

1年を振り返り、新年度への活力をアップ!専門家や実践者と日頃の実践を共有し合うワークショップは臨場感あふれる新しい学び。

少人数制できめ細やかな指導の中で、さまざまな素材と出会い、子ども同士も係わりあいながら、感性豊かな子どもを育てます

ページ上部へ戻る